生前建墓

お墓を建てる(契約〜完成)

ご自身の目で納得できる墓地

生前にご自身のお墓を建てる方が増えています。お子様に経済的な負担をかけずに済むだけでなく、お墓は相続税・固定資産税の対象外ですので、生前建墓は節税にもなります。また、もしもの時に良い墓地がすぐに見つかるとも限りません。ご自身の目で納得できる墓地が探せるのも、生前建墓を希望される方が多い理由のひとつです。

生前建墓とは

みなさんも「生前建墓」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。これは生前に自分のお墓を建てることをいいます。生前にお墓を建てるというだけで特別なお墓というわけではありません。しかし、近年この生前建墓される方がとても多くなりました。では、なぜ生前建墓が増えてきているのかをご説明いたします。

生前建墓が増えている理由

①自分で選ぶ
①自分で選ぶ

近年、様々なメディアにより生前建墓が報道されるようになってきました。その背景には生前建墓を真剣に考えられる方が増えてきているようです。実際にお墓の購入される方の7割近くが生前建墓であると言われています。
その理由として「自分の目で墓地の環境を知っておきたい」「好きな場所・デザイン・石種を知っておきたい」など、生前に居心地のよい家や家具を選ぶように将来の「永遠の家」をご自身で決められることが挙げられます。

②家族に安心
②家族に安心

生前中にお墓を用意していると、ご家族に安心を残すことできます。ご家族が亡くなられた時、ご不幸の悲しみや慌ただしい様々な手続きは想像より大きな負担です。そんな限られた時間のなかで、満足のいく墓地を探すだけでも容易ではありません。建墓しようとしても2~3ヶ月の日数はかかってしまします。その意味でも、もしもの時に残された家族の負担を軽減できます。また、お墓は課税の対象になりません。相続税・固定資産税の対象外ですので生前建墓しておくと相続の際に除外でき節税にもなります。